【マヨネーズはもう買わない】最高の無添加手作りマヨネーズ

自然派キッチン
お料理好きさん
お料理好きさん

マヨネーズって美味しいんだけど、添加物も多くて心配なんです…

無添加の商品も売ってるけど高いしなぁ。

おうちで手作りできないかしら。

みんな大好きマヨネーズ!!

でも・・・

避けたい添加物も多いこと、知ってました?

 

添加物が気になる方必見

今回は手作りマヨネーズの作り方を写真付きで大解説です!!

一度作ったら市販のマヨネーズはもう買えませんよ。

 

この記事はこんな方にお勧め

・マヨネーズの添加物が気になる方

   ・マヨネーズを手作りしたい方

マヨネーズに含まれる添加物

先ず市販のマヨネーズに含まれる

避けたい添加物の代表的なものをご紹介します。

化学調味料(アミノ酸)

たいていのマヨネーズに添加されているのが

この化学調味料です。

これは、人工的に作られたうまみ成分で

原料は食品製造の過程で出る廃棄物であり

人の味覚を壊してしまいます。

化学調味料が入っていないと

『物足りないな』と感じてしまうようになり

依存性があるとされています。

増粘剤

食品に粘性を持たせたいときに使用されます。

トウモロコシなどのでんぷんを最近ンにより発酵させたもので

安全性の高い食品添加物とされていますが

使用されているトウモロコシが遺伝子組み換え食品である可能性があることから

避けたい添加物といえます。

たんぱく加水分解物

大豆・トウモロコシ・小麦等の植物性や動物性の

たんぱく質を原料に、酸や酵素などにより

加水分解されることで作られます。

アミノ酸を主成分にして加工食品の

調味目的で調味目的で使用されます。

たんぱく加水分解物は分類は食品になりますが

製造工程で生成されるクロロプロパノールという不純物に

発がん性やアレルギーの危険性が懸念されています。

 

必要な物品・材料

それでは作っていきましょう♪

物品

ブレンダー・アルコール・保存容器

ブレンダーが無くても、ミキサーやホイッパーでも作れます。

使うものは必ず全てしっかりとアルコール消毒してくださいね。

お勧めはパストリーゼ!!

 

パストリーゼは焼酎を原料に作られており、食品に直接噴霧しても大丈夫なくらい安全で安心して使うことができます。

材料

たまご(なるだけ新鮮なもの)1個

(種類は問わない)…茶色いごま油はお勧めしません 100㏄

(穀物酢・米酢・リンゴ酢など) 大さじ1

砂糖 小さじ1

塩  小さじ1/2

使う油や酢によって、仕上がりの味や風味が

結構変わりますのでいろいろ作ってみて

あなただけの推しマヨネーズを探して

みてください。

我が家では、太白胡麻油か米油で作ります!

作り方

全ての材料を常温にしておきます

全卵バージョン

材料を一気に合わせる

底の部分からブレンダーを回転させる

あっという間に乳化が起こります

そのまま撹拌を続けると

もう完成間近

30秒ほどで完成です

卵黄バージョン

油以外の材料を入れて撹拌

しっかり撹拌したところで

油を少しずつ加えます。

 

注意点

ブレンダーは回転速度が速いので、材料を

一気に入れても均一に混ざり合うことができます。

ホイッパーで自力で混ぜ合わせるときは

分離することを避けるためにも

油以外の材料を合わせたのち

油を糸のように少しずつ垂らして加えながら

混ぜていくことで分離を防ぐことができます。

ポイント

材料を室温にしておくこと

手早く混ぜ合わせること

これだけです!

作っている段階で分離してしまう原因と対策

混ぜても混ぜてもクリーム状にならずシャバシャバなとき

乳化が上手くできず分離している状態です

常温に戻した卵黄を一つ用意し

卵黄にシャバシャバなマヨネーズ液を大さじ1ずつ加えて

その都度しっかり撹拌しましょう。

最期まで加えた頃には、クリーム状になっているはずです。

ただ、この方法は応急処置で食べられる状態にし

無理矢理、乳化させた状態なので品質がしっかり保てない可能性が高いです。

その点に注意して早めに消費しましょう。

 

できあがって数日してから分離してしまう原因と対策

うまく仕上がったマヨネーズでも時間が経つと

表面に油が浮いてくることがあります。

これは、一度は乳化したものの

乳化が不安定で、乳化状態を保つことができなくなった

ということになります。

油が劣化した状態でもあるので、残念ですが

諦めて処分しましょう。

仕上がり量と保存方法

アルコール消毒した容器に詰め替えます

全卵マヨネーズ

 

仕上がり量

 

今回は217gできました!

卵のサイズで仕上がり量は多少変わりますが

たっぷり出来上がりました。

 

卵黄マヨネーズ

仕上がり量

113gできました!

卵白がない分、量も少なめで色も濃く味も濃厚でもったりと少し固めの仕上がりです。

 

手作りマヨネーズの消費期限

保存料が入ってませんので

あまり日持ちはしません。

可能であれば当日中が良いのですが

1日で200gはなかなかな量ですよね。

1週間程度を目安に消費してください。

消費期限内であっても、見た目やにおいに

異変を感じたら、もったいないですが

諦めて処分することをお勧めします。

 

アレンジマヨネーズ

シンプルな材料で作るマヨネーズはアレンジし放題です!

お勧めのアレンジマヨネーズは

+ガーリック

鮭のムニエル・トースト・唐揚げの下味・蒸したジャガイモなど

+明太子(たらこ)

タラモサラダ・ピザソース・サラダスパゲティなど

+みそ

スティック野菜のディップに

+カレーパウダー

ポテトサラダやサラダスパゲッティをカレーマヨで和える

などなど、アレンジは無限大です!

まとめ

自家製の手作りマヨネーズはシンプルな材料でできて

本当に美味しいし、なにより安心して食べられます。

添加物が気になる方には自信をもってお勧めします。

日持ちがしない分、頻繁につくる必要はありますが

市販のものを買うよりも低コストなので気軽に試してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました